塾講師になるには|スキルアップを目指せ!

教える楽しさ

学生

教えるということ

塾アルバイトは当然のことながら子供たちに教えるということなので、教える内容をきちんと把握する必要があります。よく言われるのが「1つのことを教えるには自分が10個のことを知っていなければならない」ということです。塾アルバイトで相手にするのは子供たちですが、自分の知識に自信がなければ子供たちに気付かれてしまいます。子供たちに理解されるためにも塾アルバイトでまず心がけなければいけない事は自分が教える内容に対して十分な知識を持っているということです。また知識を持っているだけでは教えられないので、塾アルバイトでその日に教える内容をきちんと把握し、どのように教えるかを組み立てる、すなわち授業構成を考えることも重要なことです。

教えることでの成長

塾アルバイトして1番の喜びは、やはり子供たちが理解をした時です。子供たちがわからなかったものを理解することができた時、子供たちの表情は明らかに変わります。子供たちが理解してくれれば、教えている本人も教えられている子供たちもモチベーションが上がり、良い授業をすることができます。そうなってくれば先生との信頼関係も生まれてきます。また授業をするという事は、人の前に立って話をするということなので、就職活動中の学生にとっては塾アルバイトをすることによって自分の成長にも繋がります。授業の事前準備をして起承転結にまとめ、それを子供たちの前で実際に授業することによりプレゼンテーション能力も磨くことができます。